ENTRY

設計・施工


建築人

大西保

play

現場監督という仕事

建築物の設計から施工・管理までを一貫して担当します。
事務所、倉庫、店舗、工場などの大型施設をはじめ、
住宅部門のリビングココイチにて一般住宅の新築工事、
リフォーム工事の施工管理を行います。

『自分の描いているものをカタチにしたい』
こんな想いがある人は、ぜひ現場監督を目指してください。

全てのプロセスに関われる

品質管理・工程管理・安全管理・原価管理という、
4大管理を担います。

全てのプロセスを一貫して担当できるということは、
建物が自分の思い描いたカタチになった時に
『大きな達成感』として返ってきます。

仲間との
コミュニケーション

10代から40代と幅広い世代が在籍している為、
気軽に相談できる環境を作っています。

仲間はもちろんのこと、
職人さんたちとのコミュニケーションは、
より良い物件を創る道に繋がります。

モノづくりの楽しさを伝えたい

大西保2018年入社

一級建築士
1級建築施工管理技士

建築業を営む両親の元に生まれ、
現場を遊び場にしてきた子供時代。
『好き』を仕事にすべく、
若手育成にも奮闘する日々。

仕事感とプライド

家業の建設業が倒産しましたが、
それでも自分が選んだ道は建設業でした。

誇りである一級建築士の資格や、
旅行先でも出てしまう建物への建築目線など、
『生涯建築士』と自分で感じています。

現場での安全管理

現場は夏は暑く、冬は寒いものです。
命に関わるような危険もあります。

危険を回避する為には自分の経験値を上げていくことが必要であり、1つ1つの現場を重ねていくことによって現場の見え方も変わってきます。自分の経験が、最高の現場管理に結びつくことになります。

感動は物件ごとに

建設現場は建物中はネットで隠されています。
建物の全貌を誰よりも早く見ることができるのが現場監督である私たちです。

その瞬間の感動は飽きることはありません。

若い世代のチカラ

若い世代がスキルアップするということは、
会社にとっても、仕事の領域を広げていくことに繋がります。
家業を継ぐ為に修行に来る子たちでも、
自身の経験を活かして教えられることもあります。
ここはモノづくりが好きな人にとっては最高の職場です。

共に支え合える関係に