ENTRY

企画職

想像力を
チカラに

現状の営業活動や市場の分析を元に、新しい商材の発掘やサービスの企画立案を行い、どうお客様に伝えるか一連の営業戦略を企てる部門です。お客様の要望や時流を読み取り、分析する能力と情報を整理しアイデアを創出する企画力、仲間と協力して第三の案を生み出すコミュニケーション能力、相手へ伝える企画力をフル活用してください。

INTERVIEW

写真:宇野克哉

宇野 克哉2019年入社

大学で農業土木分野の建築設計を学び、農業施設の設計施工を行う会社に就職。
そこで営業、設計、現場管理、メンテナンスの一連の業務を経験。
その経験をもとに、建材商社部門にて企画営業を行う。

ーあの人に伝えたいー
お客様の喜ぶ顔が原動力

自分が会社の顔となり、信頼される存在になることが人間関係構築の第一歩と考えています。お客様との関係性ができると、新しい商材や情報をキャッチした時に、○○さんだったら喜んでくれそうとか、お客様の顔が浮かぶことがあるんです。そんな瞬間が一番ワクワクしますね。

三方よし
みんなでwin-winに

弊社は、香川県に密着して活躍する住宅産業に関わるさまざまな企業が集まった「かがわ暮らしKO・SHI・RA・Eの会」というグループを運営し、香川県の住宅業界を活性化する取り組みを企画しています。大事にしているのは、関わる全ての方々がwin-winになること。フソウリブテックと付き合ってよかったと感じていただけることが第一です。

土壌づくりから
コツコツと

営業企画は土壌づくりが大事です。現状を把握し、どう改善するかを考えて実行します。課題を発見しどう解決するかという企画と実行力が大切です。お客様の問題をフォローするには、建材の知識、現場管理や施工技術の専門知識、国策や補助金など幅広い知識が不可欠です。コツコツと常に学ぶ姿勢で共に成長していきましょう。

社内の課題を発見し問題解決をするために、ITツールや情報機器を選定し導入することで、業務の効率化やコスト削減を図る部門です。パソコンの入れ替えやシステムの構築などを行いながら、快適な作業環境を整えるとともに、ツールの活用方法を周知することで全社におけるITスキルの底上げを行います。今後、ITの活用が拡大される中で、とても重要なポジションです。

写真:山崎裕司

山崎 裕司2019年入社

過去にIT運用管理の委託業務の経験を経て、2019年に入社し、IT推進室を立ち上げる。
現在、業務システムの構築や社内のITスキルの底上げとして社内研修を行う。

大切なのは業務の整理や
コミュニケーション

IT化を進めることで、経営と働く人の両面に良い影響を与えることができますが、どんなにいいシステムを導入しても使わなければ効果は出ず、経費だけが掛かります。大切なのは、業務のフローを整理したり、さまざまな部署の人と話をすることです。そこで真の課題を見つけて最善の提案を行います。

問題解決のための
情報収集

ITの技術は日々進化しています。ITの基本知識をつけることはもちろん、常にアンテナをはり、新しい情報や自社に合う商品をキャッチすることがIT推進の役割の1つです。そこで役に立つのが「パソコンやシステムが好き」という気持ちです。いくつになっても好奇心を持って情報収集することが、問題解決の種になるのです。

ITスキルの底上げ

建築物の提案ではVR技術や、何もない場所に建物を出現させるARなども使われています。現場でもレーザーで実測を行い、アプリで外壁の割り付けを行い、自動で外壁材をカットするプレカットを導入しています。ますますロボットやAIの技術が活用されると予想される今、それを使いこなす人財を育成するため、ITスキルの研修を行っております。

社員の自発的貢献意欲を上げ、個人の成長を促します。育成スケジュールを組み、研修や様々な職務を経験いただきながら、社員一人ひとりの目標を実現する手助けをすることで、働きがいや社内環境を整えます。また、自社の魅力や強みを社外に伝え採用活動をすることで、活躍する人財を発掘します。

写真:平原彩美

平原 彩美2010年入社

グラフィックデザイナーを経て、広報部門の立ち上げから組織デザインを含めた人財開発に2020年より携わる。
産業カウンセラー。

一人ひとりの能力を
最大限に生かす

会社と社員は共に成長し栄えるための関係へと変化しています。社員は自らの責任で主体的に技術や人間性を形成する必要が出てきたのです。しかし、誰もが自主的に形成できるわけではなく、社員が望むプランと会社が望むものが一致しない事もありえます。そこを整理し、社員一人ひとりの能力を最大限に生かすことが人財開発の役割だと考えております。

成長できる道をつくる

終身雇用や年功序列という概念が過去のものになりつつあります。弊社は人事制度の見直しを行い、人事評価制度、賃金制度、研修制度を現在構築しているところです。その中でも、職種別に必要な経験や技術をまとめたキャリアパスに沿って、社員一人ひとりが目標に向かって成長できる道筋を作っていきたいと思います。

土を育み
あたらしい風を送る

一人ひとりが成長し価値を高めることで、個人も会社も豊かになると考えます。切磋琢磨し合える仲間がいるチームは、常に高いパフォーマンスが発揮できますし、一人ひとりの能力も向上できます。共に成長できる仲間を常に受け入れ、仲間に入りたいと思ってもらえる会社づくりをしていくことが使命だと感じます。

ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。ここは未完成。

INTERVIEW

写真:宇野克也

宇野 克也2019年入社

大学で農業土木分野の建築設計を学び、農業施設の設計施工を行う会社に就職。
そこで営業、設計、現場管理、メンテナンスの一連の業務を経験。
その経験をもとに、建材商社部門にて企画営業を行う。

コピーコピー
コピーコピー

コメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメント

コピー

コメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメント

コピー
コピーコピー

コメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメントコメント

楽しさをアイデアに