ENTRY

営業事務


仕事

高橋まゆり

営業事務という仕事

FAXの仕分け、パソコン入力、伝票作成、
請求書作成や請求書の数字を照らし合わせるなどの業務を担当します。
また電話・来客対応も大切な業務の一つであり、
様々な人とのやりとりがあるため人と関わることが好きな人に適した仕事です。

より良い会社へ

月に1度ほど、課ごとに会議をします。
会社をより良くするため、
上下関係なく意見を出し合います。

営業部門のサポートとして、
様々な業務で会社を支える

<受注・発注・納期確認>
注文内容を発注し、納期と現場納入日を確認後に配送手配。

<注文書・請求書>
仕入れ先(職人さん)には、
注文書を作成しFAXやグループウェアを使用して送り、
請求書を取引先の締め日ごとに作成します。

環境が変わっても続けられる仕事

高橋まゆり1997年入社

高卒で入社。
働きながら結婚、出産、育児を経験。
ライフスタイルが変わっても、
変わらずキャリアを築きあげる。

入社を決めた
きっかけ

仕事もプライベートも充実させたい
という希望が叶った

高校に来た求人の中から、定時が17時半、土日が休みの会社を探していて、こちらの会社を見つけました。体力に自信がなかったので、立ち仕事ではなく事務仕事を希望していたのですが、その点もクリアしていました。また、17時半に仕事が終われば、自分のプライベートな時間もしっかり確保できると思ったんです。例えば自分の好きなアーティストのライブにも行くことができますよね。それに私の両親が土日休みの仕事ではなかったので、子供の頃はちょっと寂しいなって思うこともあったんです。だから将来自分の子供が生まれたら寂しい思いをさせたくないという気持ちもありました。

仕事の
やりがい

自分の環境が変わっても、
仕事を続けられるという喜び

会社が社員のライフスタイルの変化に柔軟に対応してくれるので、結婚、出産、育児などの人生の節目を、ここで働きながら迎えることができます。現に私は今育児中で、時短勤務を選択しています。そんな風に自分の生活環境に合わせて働くことができるということはつまり、長く仕事を続けられるということ。自分の生活も維持しながら、仕事ができるということが、私にとってはやりがいに繋がっているんです。今までに2名の社員が産休を取得していますが、男性も希望すれば育休を取ることもできます。

思い出に残った
エピソード

全員の顔を見ながら仕事ができる、
ワンフロアオフィスのメリット

社長をはじめ、役職の人たちもみんなが同じワンフロアで仕事をしているので、全てを見渡すことができます。誰が何をしているのかが一目でわかるので、声は掛けやすいですね。わからないこともすぐに確認できますし。幅広い世代の人たちが一緒に働いているからこそ、新入社員への指導はいろいろと考えますよね。若い社員たちが前向きに物事を捉えられるように、失敗したらその次のことを考える、という風な指導をしていきたいと思っています。お互いが成長してこそ、会社のいい雰囲気に繋がると思っています。

求職者の方に
向けて

仕事を通じて、焦ったり、
イライラしたりしない心を育てる

営業事務なので、例えば商業の知識がある人はもちろん、その知識を活かすことができると思います。数学が必要なんじゃないかなって思う人もいらっしゃるかもしれませんが、実はそんなこともなく、間違いなく的確に数字を打つことが大切なんです。だから焦ったりイライラしたりしてしまう方は、仕事をしながら心を穏やかにする修行ができるんじゃなかなって思います。また、子供の行事などに合わせて早退や遅刻ができたり、時短制度があったりと、働きながらプライベートを充実させられます。ライフスタイルの変化を心配することがないので、のびのびと働けます。

誰かのために行動する関係に