ENTRY

工事建材営業


提案

中谷俊貴

工事建材営業という仕事

ハウスメーカーやビルダーに
外装工事(屋根・外壁・サッシなど)の提案をし、
施工、管理を行う部門です。
得意先に訪問したり、現場で監督や職人と打ち合わせをしたり、
施工状況の確認や調整を行います。
また事務所内では予算の作成、見積書の作成、
その他の資料の作成を行います。

建材と専門工事の
コンサルタント

私たちの強みは、あらゆる建材と工事のノウハウと合わせて、
ハウスメーカーや工務店、ゼネコンに提案することです。
特に外装においては、
壁、屋根、防水、樋、サッシなどトータルで提案でき、
そこに関わる工程管理や材料手配などは
一貫してお任せいただけます。
新しい商材に対しても常に情報をキャッチし社内で情報共有しています。

受注後の
アフターフォロー

受注後は必要な資材の発注指示、納入確認、
現場管理担当者への引継ぎ・
アフターフォローを行います。

団結力ある関係

中谷俊貴2004年入社

2級建築施工管理技士
職長・安全衛生責任者

この仕事は管理者として自分で選び、
考えることができるからこそ
お客様に喜んでもらえた時に
大きな達成感を味わえると語る。

入社を決めた
きっかけ

職人として働いた経験から、
管理者の仕事に興味を持った

結婚を機に転職を考えるようになり、ハローワークで仕事を探し始めました。以前、職人として働いた経験があったので、現場管理の仕事がしたいなと思うようになったんです。その最中にこの会社を勧めてもらいました。面接のときに、僕が趣味のウェイクボードをやるために取得していた船舶免許に社長が興味を持ってくださって、そこから話が盛り上がって。もちろん仕事とは全然関係ない話なんですけど、そういう会話をしてくれたことが面白いなぁって思いましたね。実際に入社してみて、周りもいい人ばっかりだなと思ったことを今でも覚えてます。

仕事の
やりがい

お客様が喜んでくれた時に味わえる
大きな達成感

元請けの監督と、下請けの職人さんに挟まれるのが僕たちの仕事です。例えば職人さんが思うことを監督が聞いてくれないなんて時は、彼らの思いを汲み調整することは結構大変なんです。相手の気持ちを考えて話をしないといけないので、そこはいつも気を使っています。ただ、そういった苦労の反面、自分が提案したものを使ってもらって、自分が指導した通りに職人さんが施工してくれて、お客様が喜んでくれた時の達成感はハンパないです。管理者という立場から自分で考えて行動できることが多いので、その分やり遂げた時の喜びも大きいのかなと思います。

思い出に残った
エピソード

オンとオフの
メリハリがついた働き方を実現

一致団結できるメンバーが揃っていると思います。例えば社内イベントの時なんかは特にそう思いますね。お客様に喜んでもらうためのココイチ夏祭りという年に一回の大きなイベントがあって、チームに分かれて作業を進めていくんですけど、そのときの集中力とかね。すごいものがありますよ。これはもちろん仕事の一環ではありますが、オンとオフの切り替えがきちんとできている会社だからこそ、こういうイベントごとにも前向きに向き合えるし、休みの時は休む、仕事をする時は仕事をする、というメリハリをつけることができるんじゃないかなと思います。

求職者の方に
向けて

何よりも大切なことは、
ハングリー精神と負けず嫌い

僕の経験上、負けず嫌いな人は、この仕事に向いているんじゃないかなと思います。負けず嫌いは間違いなく伸びます。強いハングリー精神があればあるほど、はやく仕事を覚えようと頑張りますしね。経験は二の次で、大事なのはそこだと思っています。僕自身も経験ゼロで入社していろんなことを覚えられたので、それは自信を持って言えますね。あとは若さを生かした頭の回転の速さや柔軟な思考を持って、新しいことにどんどんチャレンジできる人。失敗してもまたチャレンジするという前向きな姿勢が大切だと思います。

尊敬しあえる関係に